• トップ /
  • 受験の合格率はあまり意識しない

大学受験の合格率とは

受験の合格率はあまり意識しない

大学受験での志望校選び

大学受験の勉強を始める上で、まずは志望校を選ぶことになるでしょう。自分が学びたいことを学べるのか、学習環境は充実してるのか、もちろんそれらも大事な要素ではあるでしょう。しかし、それ以上に気になるのが、受験に合格するための難易度であったり、合格率の部分だと思われます。自分自身の学力に相当する大学を選ぶ人もいれば、ワンランク上の志望校を目指す人もいるでしょう。ただ、その際に合格率がかなり低かったりすれば、どうしても不安に思うかもしれません。単純に受験者が500人で合格者が100人だった場合、合格するための競争率は5倍になるわけですから。ただ、大学受験においては合格率はあまり意識する必要はないと言えます。合格に必要となる得点の目安は毎年微妙に違ってきますが、基本的にはあまり変わらないのです。つまり、合格点を取るための勉強さえしっかり怠らなければ、競争率はあまり気にしなくていいのです。どの大学でも、全く合格の見込みがない人も一定数受験をしていますし、記念として受ける人も少なくないのです。特に難関校ほどその傾向が強いので、合格率は大して当てにはなりませんから、気にしないで合格点を取ることに集中しましょう。

↑PAGE TOP

Menu